進歩を感じるとき

レースに出て自己ベストを出せば簡単に進歩を感じることができるのだが、ウルトラがメインで色々なレースに出ていつも違う距離を走っているからタイムで比較はできない。マラソンでもレースによってコースプロファイルが全然違っていたり、季節が違って簡単に比較ができなかったりする。毎年出ているKepler Challengeですら毎年10分以上タイムを短縮してきているけど努力の割に短縮タイムが小さいせいか進歩している実感は薄い。

色々とある中でも一番進歩を実感するのは回復の早さだろうか?昔はマラソン走ったら1週間は何もできなかった。下手をすれば2週間くらいダメージを引きずっていた。最近ではレース翌日には必ず何かしらの運動をするようになっている。この前はレース翌日の日曜日に飛行機2時間、運転1時間半で家に帰ってきても走りたくなって軽めの7km。この時は筋肉痛が酷くてあちこち固まっていてスピードはキロ6分弱が精一杯だった。

月曜に完全休足して、火曜に10kmジョグ。そして昨日は体のあちこちにまだダメージは残っていたもののスピード上げて走ってみたら軽く走れて途中キロ4分を切るペースを保てた。レース後、中三日でここまで出せるのは初めてな気がする。UTMFの4週間後にハーフマラソンを入れているのだが、1時間28分台を出したいと思っている。100マイル後にも同様の回復スピードなら不可能ではないタイム。

 

 

 

ランニング
スポンサーリンク
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント