SUUNTO 9 BARO 購入1:精度が悪い?

4年ほどGarminを使ってきたけどSUUNTOも使ってみたいと思っていた。しかも最新のSUUNTO 9 BAROは電池持ちがいいらしく100マイルだったら充電不要とか?エプソン、Garmin、SUUNTO 9をこの前のUTMBで比較しているブロガーさんもいて、SUUNTO 9は1分間隔の計測にもかかわらず毎秒計測のエプソンとほとんど変わらない結果だったらしい。

Torpedo7というスポーツ店のウェブサイトで値段を見るとSUUNTO 9 BAROは1000ドルで、通販会員割引で950ドルだった。ところが火曜日に48hセールというメールがきてSUUNTO製品が10%引き。値段が何と855ドルに。日本円にして64000円で日本で買うよりも安い。これまで使っていた自分の中での最高級のFenix3よりも1万円以上高いのだが迷ったあげくポチっと。
そして木曜にハミルトンの店舗で受け取った。
DSC_0619

 

 

 

 

開けてみたらなぜかスイッチが入っていて初期設定もされていた。本当に新品なのか?
DSC_0620

 

 

 

 

48時間セールが終わった翌日にまた別のセールをやっていた。ニュージーランドあるある。これで買っていたら850ドルで5ドル安くなっていた。まあそれくらいならまだいいけど
Screenshot_20180920-235939

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗で受け取って帰ってきたら遅い時間だったけど試しに走りに走りに行ってみた。早く試したくてしょうがなかった。Fenix3をつけて比較。そしたらFenix3の距離が6.3kmに対してSUUNTO 9は5kmちょっと。Fenix3は時々ずれることはあるけどペース表示でわかる。今回はズレてはいない。
なぜだろうと思って考えていたらソフトウェアの問題かも?ということでSuuntolinkをインストールしてPCにつなげてみたら新しいのにアップデートされた。これで大丈夫だろうと思って翌朝もFenixと比較してみたけど結果は同じ。10%以上短いまま。夕方にも走ったけどやはり同じ。

昨晩色々調べたら初期化すればいいという記事があったのでSuuntolinkを使って初期化。その後ちょっと外に行って試したらなんとなく良さそう。そして、それで気付いたのだがそれまではGPSのルートの結果が一切出てきてなかった。初期化直後の数10mの結果ではしっかり地図が出てきた。

そして今朝、距離が普通に測れることを期待して走る準備。距離精度だけでなく走っている最中の光学心拍計の値も変でケイデンスの値を拾っている感じだった。肘に近いほうに装着すれば少しマシになるという記事があったので手首にテーピングを巻いてずり落ちてこないようにして手首より上側に装着。
DSC_0626

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンドの余長を留めるのが2つついているのは非常にいい。
DSC_0629

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝も右手にFenix3、胸にGarminの心拍計
DSC_0627

 

 

 

 

そして左手にSUUNTO 9を装着してスタート。
DSC_0628

 

 

 

 

初期化で改善されていることを期待したのだがFenix3の距離が13.15kmに対してSUUNTO 9は15.35km・・・。今度は長くなってしまった。
3333

 

キロ4分のペースでなんて走ってないし。10%以上短かった距離が今度は10%以上長くなった。なぜだ?走っている最中のペースもかなり不安定。そしてまたルートの結果が出てこなくなった。

昨夜の段階でSUUNTOのサポートに改善方法がないか質問したのだが早く返事こないかな。

ランニング
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント