破壊と再生

日本に帰ってきた土曜日に東京で鍼灸に行ったけど施術が終わった直後は歩くのがかなりつらい状態に。かなり激しい運動をした直後のような感じだろうか?

鍼灸治療にも色々あるけど俺がいつも受けるのは筋肉にズーンと響く鍼の連発。トリガーポイントという凝り固まったところに当たると響くらしいが、そればかりにヒットするから一撃一撃に備えて身構える必要がある。今回初めて殿筋の集中治療を受けたけど、尻に刺した鍼をさらに動かしまくって刺激を与えるというようなこともしていた。でも、一番キタのは左のハムストリングス。左足のつま先まで電気が走った。下半身を集中的に治療してもらったのは久々で、響きまくった鍼の原因が長年の疲れの蓄積なのかその2週間前のレースの疲労だったのかは分からない。

治療効果を最大限にするために施術当日の運動、酒、風呂は控えるようにいつも言われるけど、今回はそれを機にレースまで禁酒開始。ゴールするまでは飲まない。

翌日曜日は筋肉痛と同じ状態。慣れてない人は不安になるかもしれないけど、金曜にレースがあることは伝えていたからそれまでに回復するように強さは調節されている。
それで10kmほど走ろうと走り出したが最初は脚が全然回らなくてピッチ上がらず。体が温まるにつれてピッチがあげられるようになっていったがそれでもかなりゆっくり。
キャプチャ

とりえあずその日はこんな感じ。
キャプチャ2

翌日はさらにペースが上げられた。
キャプチャ3

今日はすでに鍼の余韻はないからかなり疲労が抜けて回復している状態だと思う。鍼がなぜ効くのかよくわからないけど、筋肉が壊されたような状態にされてそれが治ると疲労も抜けているというのは不思議なもんだ。

↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

ケガ
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント