難しい家探し19:ゴタゴタ

今朝、朝飯を食い終わって6時半頃にスマホを見てみたら弁護士からメールが来ていた。家についているガレージはLIMにもフロアプランにも記載されておらず許可を得て作られたものではないと気付いた、と書いていた。昨日Unconditionalにしておいて何を今更と思ったけど、とりあえずこっち側のエージェントに内容をテキストして家を出た。

エージェントとは弁護士は何か勘違いしているのだろうという結論に至ってメールを返信。ガレージはattachedであってdetachedではないと返信しておいた。そしたらすぐに電話がかかってきた。弁護士と電話で話すのは初めてでアクセントがキツくてわかりずらいし、わからない用語もあって理解するのが大変だった。結局いくらいっても違うの一点張りで売主側に確認することを提案する、と言っていた。その後弁護士からは電話内容の確認メールが来ていたので、それをエージェントに転送して相手側に確認を頼んだ。とりあえず相手側の返事を待つことになった。

今朝は仕事が忙しくて、今まで経験のないシミュレーションをしなければならず、他の人からExcelのマクロをもらってコードを読んでシミュレーションの仕方を学んでいたのだが、家の契約のほうが気になって集中できなくて捗らなかった。ただ、13時からそれについての打ち合わせをしなけれならなくて何としても仕上げねばならず、午前中の休憩無しで、昼休みは飯を食うだけにして、シミュレーションして何とか仕上げた。

そして打ち合わせが始まったのだがその間も電話やらテキストが銀行、弁護士から何度か来ていて集中できなかった。ただ、冒頭でちょっと話したら後は上司が全部やってくれたので難なく終了。

スマホを確認すると弁護士からメールが来ていて、午前中に送ったメールは読んだのか?書かれていた。今エージェントに確認してもらっている最中だと返信したら即電話がかかってきて、そういう確認は普通は弁護士側でするものだと言ってきた。お前が売主側に確認することを提案すると言ったのだろうと思いながらグッとこらえた。基本的にこの弁護士とはメールでやり取りしているのだがどうも文法が変で分かり辛い。それで誤解が起きたのかもしれない。

その電話の中で俺は、どうみてもattached internal access garageにしか見えない、と言ったらinternal accessに弁護士が反応して、色々と調べだした。それでなんと勝手に自己解決。どういう勘違いをしていたのかさっぱりわからないけど、とりあえず問題がないことが分かってよかった。不動産エージェントにかなり迷惑をかけてしまった。

その後、銀行に振り込み上限を上げてもらって10%のデポジットを相手側エージェントの口座に振り込んだ。そんな大金を振り込むのは昔レガシイを買ってディーラーの口座に振り込んだ時以来だろう。口座の金額が一気に寂しくなってしまった。週明けに残りを銀行が引き落として支払いにまわされてほぼスッカラカンになる。

↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

家購入
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント