奇妙な話

会社の南アフリカ出身のエンジニアは去年永住権を申請したのだが落ちてしまった。で、今年は申請できない年齢になってしまったので奥さんが主たる申請者として申請するつもりだったらしい。ところが、奥さんがいつまでたっても準備しないで、そのうちこの前のポリシー変更。申請はできるようだが、なんと英語のテストスコアを提出しなければならなくなってしまった。新しいポリシーではアメリカ、カナダ等々の国籍の人は英語ができる人ということになってるけど南アフリカは含まれていない。英語で生まれ育って英語しか知らないのに何でだろう、アメリカ国籍とかでも英語できないのはいるのに納得できないとか言ってたが最近はIELTSの準備をしてるらしい。さて、彼のスコアはどうなる?
彼は日本人にとってはかなり分かりやすい英語を話すし、言葉の使い方は色々と参考になる。そんな人が英語テストスコアが必要で、俺はとりあえず必要ないというのも変な話。
ただ、俺は申請の際はIELTSスコアが必要なかったけど、追加で要求される場合もあるから人のことを傍観してられる立場じゃない。今年のレースは全部終わったからあとは英語の勉強再開だ。

↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

ビザ
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント