新コロ:今後の見通し

木曜日から警戒レベル2に移行することが昨日発表された。木曜日から国内旅行にも行けるようになる。それでも色々と制限はある。完全に自由になるには数か月、もしくは年単位の時間がかかるかもしれない。場合によってはレベル3、4に逆戻りということも有り得る。ニュージーランドはこれから冬になるので、体温下がって免疫力が下がればまた感染が広がるかもしれない。ニュージーランドは寒い家が多いし。ここ最近日本は収束に向かってきてるけど非常事態宣言の効果だけでなく暑くなってきているからのような気がしている。

ワクチンに期待する声もあるけど、そう簡単に開発できるものなのかなという疑問もある。エボラ出血熱やエイズといったウイルスは長年問題になっていても未だにワクチンはない。人間に感染するコロナウイルスは他にもあるけどそれらに対するワクチンはない。新コロに対する抗体が弱いとかすぐ消えるという話もあってそれだとワクチンができてもあまり意味がないかも。それに変異を重ねていくつもの型があるようなので、全ての型の発症を防ぐというのは難しいかもしれない。仮にワクチンができたとして、そこから製造を開始してニュージーランド全土にいきわたるのにどれくらい時間がかかるのだろうか?現実的には効果的な治療法が確立されるのを期待していたほうがいいと考えている。

仕事は当分在宅勤務で時々会社に行くスタイルが続く予定だが、会社自体は新コロが問題になる以前の去年から働き方改革を進めていて在宅勤務推進も選択肢の一つとなっていたようなので、今までのようにずっと会社で仕事するということはなくなるかもしれない。

趣味についてだが、ずっと運動し続けていて体は出来上がっているので思いっきり走りたくてうずうずしている。今のところエントリー費用支払い済みの2レースが8月と10月に開催されることになっていてどっちも参加するつもり。10月はオーストラリアだけど7月くらいにはオーストラリアには行けるようになるという話もあるので大丈夫かな。6月開催のレースにも参加したいけどフライトとレンタカーの確保でちょっと金がかかりすぎるので考え中。あと走る以外にもニュージーランドでのスノーボードも再開しようかと思う。

年に1、2回日本に一時帰国することにしているけど、今のところ海外に行くのは難しい。海外に行けないことはないけどニュージーランドに入国する際に指定の施設で2週間の経過観察があって時間が無駄になるので現実的ではない。ただ親の年齢を考えると年末には1度帰りたいと思っている。それまでにニュージーランドが隔離措置を継続しているようなら、ニュージーランドに戻ってきた時の隔離期間だけ遠隔勤務にしてもらえないか会社に頼んでみようかと思う。ただこういう隔離生活をする自信がないけど・・・。

At home in an Auckland hotel: My two weeks in Covid-19 quarantine
The government yesterday announced it would step up its arrivals policy to mandate hotel quarantine or 'managed self-isolation' for all returning New Zealanders...

 

コメント