難しい家探し10:見方を変える

欲しい家の値段がこっちの希望価格とまだ3000‐5000ドルの開きがあるのだが、色々と考えてみるとそんなに大差がないのかもしれない。

家が買えなければ部屋を借り続けることになり、家賃で月800ドル程度の出費。元々1‐2ヶ月は待ってみようと思っていたけど、1‐2ヶ月待つのも800‐1600ドル多く払うのもほぼ同じことかも?もし今回の家を逃して半年後に予算上限で別の家が買えたとしても約5000ドルの家賃は払っていることになる。トータルの出費が大差なければ早く家を手に入れることで念願の自由な生活を早くできるほうがいいんじゃないかな?

あとは今後気に入った物件が市場に出てくるか不明。機会損失という意味では、1000、2000ドル多く払っても今自分の希望をだいたい満たしている家を買ったほうがいいんじゃないかな?

他にも住宅価格が上昇するリスクなんかもある。

こんな考え方をしたら2000‐3000ドル多く払っても納得できるレベルにはなってきた。
ブログを書きながら高い家を買うことを正当化する理由を考えている状態。

↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

家購入
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント

  1. ゆっきい より:

    一つマイナス要素を言うとすれば、高い家を買うと固定資産税が高くなります。。
    ただでさえ、固定資産税は年々上がるので。。。
    (クライストチャーチでは物凄い上昇率です)

  2. TK より:

    そうですね。それは基本的に上がる一方で家を所有している限り払い続けないといけないですからね。ハミルトンもオークランドで買えなくなって周辺に手を出した投資家のおかげでここ数年でかなりあがってます。田舎の古い物件に何でこんなに払わなきゃならないのか不思議です。