難しい家探し9:打診

価格交渉決裂でとりあえず別の家を探すことにして、昨日午後に1つだけOpen Homeに行く予定だった。
ところが午前中に不動産エージェントから連絡があって、その家は契約手続き中らしいということで見に行くのをやめた。後になって契約が白紙になってオファーが出せる可能性はゼロではないけど、そこまで積極的に見たいと思う物件ではなかったし。

その後、またエージェントから連絡があって、交渉決裂になったばかり物件でオーナー側が最後に出したオファーから7000ドル下げた価格でどうだと打診してきたらしい。どうやらこの土日のOpen Homeで訪問者が少なくて手応えがなかったのかも?

それでもこっちが最後に出したオファーと5000ドル差で、元々自分が考えていた最大金額とは3000ドル差。欲しいと思える家が現れるチャンスを考えるとこの3000ドルは出してもいい気がするのだが、暖房が全くない家でエアコン取付かガス化工事が必要だと考えている。できることならその取付に必要な3000ドルは下げてもらいたいと思っているが、もうちょっと時間が経たないとこれ以上の交渉は難しいかな?
とありえず今は提示価格の妥当性をhomes.co.nzで最近売れた家の価格を見ながら検証している。

オーナー側としては物件をrealestate.co.nzに載せて検索上位に出るようにしたりするとそこそこ金が出て行ってしまうから、あまり長引かせたくはないはずだが。

↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

家購入
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント