STY完走記3:麓~精進湖

麓エイドを出発するとかなり寒く感じた。アームスリーブをつけただけで防寒対策は無し。それでも走り出してしばらくしたらそれほど寒さは気にならなくなった。あとやたら咳が出てなかなか収まらなかった。このとき既に胃酸がたっぷり出て逆流して食道を刺激して咳が出ていたのだろう。そういう状況には気づいていなかった。なぜ咳がでるのだろうとは思っていたが。このときガスター10を飲んでいればその後の状況は変わっていたはず。

1kmほど走ったら一人に抜かれたがゼッケン202でUTMFの選手。2位になった選手だが、俺を抜いていったときはまだ大差で1位だった。
55km付近でまたUTMFの選手に抜かれた。走りが静か過ぎて後ろに迫ってきたのに気づかなかった。ゼッケン1番、Dylan Bowman。優勝した選手だ。その後はしばらくUTMFの選手に抜かれることはなかった。

そしてしばらく進むと端足峠越え。ここが一番苦しかったような気がする。登れど登れど頂上は見えず、見えるのは前方というかかなり高いところにいる選手のヘッドライトの灯り。あそこまで登って行ってもまだ最高点ではないのかと思うと気が遠くなった。そして頂上につくとその後は下り。しかもガレていて急な下り。下っているうちに右の膝上が痛くなってきた。腸脛靭帯炎の再発だ。そのうち走れなくなって歩き。

下りの最後のあたりから若者2人と一緒だったけど、下りが終わって平坦な道にはいって2人が会話していると、1人は次のエイドで98%リタイヤするつもりといっていた。俺はあと10km我慢すれば精進湖エイドでマッサージが受けられて楽になるんじゃないか、と言ったけど今思えばとんでもない話だった。本栖湖エイドから精進湖エイドまで12kmでアップダウンがあってかなりキツイ区間だったし。

本栖湖エイドについたらMajell Backhausenがカメラを持って建物から出てきた。Tarawera Ultramarathonと同様Dylan Bowmanのサポートだったのだろうか?ただPressと書かれていたのを着ていたような。
建物の中に入ってとりあえず水分の補給。そしてゆば丼を食べた。あとゆば汁も飲んだ。胃がムカムカしている感じはあったけどまだ食べられた。
DSC_5108

 

 

 

 

補給が済んだらトイレにいってストレッチしてスタート。若者2人のうち98%リタイヤすると言っていた1人はエイドで仮眠する選択。もう1人は気持ち悪くて胃が何も受け付けない状況だけど歩いてでもなんとか制限時間内にゴールを目指すといっていた。彼は1週間前にも何かのウルトラを走ったといっていた。俺の3週間前のレースなど言い訳にもならなかった。

本栖湖エイドでは太鼓の演奏をしていた。ここに来る前はもうすぐエイドが近いことを知らせる希望の音に聞こえたな。
DSC_5110

 

 

 

 

エイドを出るとずっと登り。コースプロファイルをエイドを出る前に確認していて端足峠並みに登らなければいけないことはわかっていた。登っていると、後ろから「コンニチハ」を連呼して登ってくる選手がいた。ゼッケン206でUTMFの3位になった選手。彼は俺を追い抜いた後、登りの区間ではそれほど差はつかなかったが下りになったらすぐに彼は消えていった。その後、次々とUTMFの選手に追い越されていった。

登って下ってを繰り返しているうちに吐き気がしてきた。この時点で胃がやられてしまったことに気づいた。焼きそばを食べたときに何となく食い過ぎ感はあったのだが、動いているうちに消化されて調子よくなるだろう、くらいにしか思っていなかった。胃が胃酸で荒らされてしまったら、すぐには治らない。とりあえず悪化しないようにガスター10を飲んだ。H2ブロッカーは即効性はあるけど効果は短い。朝に飲んでいたけど、麓エイドにいたときには12時間は経過していたから効果は薄れていたのだろう。焼きそばを食べたときに飲んでいれば・・・。

吐き気は走るともっと酷くなるような状況で、脚の痛みと合わせて歩くしかなかった。この時修復作用のある胃薬も持ってきていればと後悔した。

ゆっくり歩いてるだけなので体が冷えて寒くなってきた。ただ、精進湖エイドまではそのまま進むと決めて進み続けた。そして12kmの道のりを3時間以上かけてやっと到着。そのままPolar Bear Trainer’s Teamが提供しているストレッチをうけに行った。とりあえず腸脛靭帯をなんとかしなければいけなかった。20分ほどのストレッチを受けてかなり楽になった。冷えた体を温めるためにストーブの前に移動して荷物を広げてFenix3と携帯バッテリーをつないで充電をセット。フリースを着て、手袋も防寒用に交換。それでもしばらく動く気がせず、ストーブの前にいた。水を補給して出発しようと思ったら、歩いてでもゴールするといっていた若者がエイドに到着し、彼も即効ストレッチを受けにいっていた。
後からタイムを確認してみると精進湖エイドには40分も滞在していた。

UTMF/STY
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント

  1. 9月に南島にいく人です より:

    はじめまして、ブログを読みながら今BSの富士greatraceのテレビを見てます。テレビにゼッケン202の人が映ってるときにこの記事を目にしたのでテンションあがってコメントしてしまいました!笑
    記事たのしかったです!

  2. TK より:

    楽しんでいただけで何よりです。

    普段はレースの上位者の走りを見ることなんてないですけど、今回はUTMFの選手たちに次々と抜かれてレベルの違いを感じることができましたね。