STY完走記2:富士宮~麓

富士宮エイドを出てから天子ヶ岳入り口までほとんどロード区間だったような気がする。
DSC_5086

 

 

 

 

気づけば富士山が雲に隠れていた。
DSC_5089

 

 

 

 

住宅地を抜けていくと目の前に山が見えてきた。あれを越えていくのだろうか?
DSC_5091

 

 

 

 

富士宮エイドを出て1時間弱で天子ヶ岳の入り口に到着。登っていくと序盤の道は週前半の雨の影響なのか小川のようになっていた。靴を濡らしたくないからそういったところは避けながら登っていく。
その後は比較的楽な登り。
DSC_5092

 

 

 

 

と思ったら急な登り。
DSC_5093

 

 

 

 

800mほど登ってやっと一区切り。
DSC_5096

 

 

 

 

ここに来るまでにハムストリングスが攣っていた。過去2レースではかなり無理をしても攣る兆候すらなかったのだが。スタートからここまで4時間くらい経っていたと思うけどほぼ計画通り。あたりがガスってきていて景色はいまいちだった。

さらに4、50分かけて長者ケ岳に到着。まだ行程の3分の1だというのにこの辺りからかなりスピードが落ち始めていた。両足の太腿の内側から膝側面、ふくらはぎ上部まで痛む感じがあって思うように力を入れられなかった。帰国直後に鍼灸に行ったときに鵞足炎かもと言われたところ。
DSC_5097

 

 

 

 

そこからさらに進むと鉄塔があって、そこでちょっと止まって念入りにストレッチ。そのまま進むよりもストレッチしたほうがこの先楽だろうという判断。急がば回れ。
ここで一人のランナーが水が残り200mlしかなくて15km先までもつのかどうか不安だと言っていた。その後、熊森山山頂でまた会って途中の自販機でも見つけられればとか言っていたけど見つけられたのだろうか?少なくとも俺は自販機を見ていない。
DSC_5100

 

 

 

 

そして最高地点の熊森山山頂に到着。ここに来る途中、ロープがあちこちあったけどあれがなかったらここまで辿り着けなかったかもしれない。ロープを使って登るのがあんなに楽だとは思わなかった。
DSC_5101

 

 

 

 

ここでザックから予備の250mlのフラスクを取り出し、ポケットに入れた。28kmを1Lで走れると思っていなかったから1.25L持ってきていた。ただ、気温が高ければアウトだったなと思う。
この先はずっと下りだと言われたけど、登りよりきつかった。急な下り坂でしかも滑る。雨降ってなくてよかったなと思った。途中カメラマン何人かとすれ違った。一人はイーストウインドの田中正人さんだったような気がするのだがなぜカメラを持っていたのか?その後に会ったカメラマンがUTMFのトップが天子ヶ岳を越えたと言っていた。UTMFの選手の邪魔にならないようにしなきゃと思っていたけど山中を走っている間には追い越されなかった。
山の下りを終えたら今度はロードの下り。
DSC_5103

 

 

 

 

そろそろUTMFの選手が来るのかなと思ったけど結局この後10km先の麓エイドまで抜かれることはなかった。
DSC_5104

 

 

 

 

麓エイドに到着後、脚に脚攣り対策クリームを塗りたくってストレッチ。バイザーからBUFFにチェンジして、アームスリーブをつけて夜間走行に備えた。そして富士宮焼きそばを2パックと餅1個食べてエネルギー補給。フラスクにアミノ酸とクエン酸飲料の粉を入れて水を補充。ここではカイロプラクティックが受けられたけど待ち時間があったので諦めて先を急いだ。
DSC_5105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのエイドで食べ過ぎて失敗したと気づいたのはここから10km以上先の話。

UTMF/STY
スポンサーリンク
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント