AAのロードサービス初体験

先週テアナウに出発する直前に車が壊れてしまった
11月26日あたりに車のエンジンをかけたときに違和感があって、そのときに、オークランド空港に向かう途中で何かあったら嫌だなと思った。
11月29日に会社帰りにかなり大きめの異音がした。その時点でPark&Rideの予約はキャンセルして、バスの予約。
翌日11月30日朝にトヨタに車を持っていってみてもらったけど、それほど大きな異音はしなかった。エンジンをふかしたときにちょっとの異音はしていたのだが。その時点ではトヨタではすぐに診断できるほど暇でもないし、預かるスペースがないからと言われて、テアナウから帰ってくる翌日の12月6日に診断の予約いれて、そのまま車で出社。その日仕事終わって帰ろうと車のエンジンかけたら大きな異音。そして走ってるうちに大きくなっていって途中で何か車の底に当たった音がしたあとにパタッと音が止んだ。そしてバッテリーランプ点灯。この時点でオルタネーターが逝ってしまったなと思う。とりあえず家まではバッテリーは持つだろうと思って運転してたらそのうちオーバーヒートランプ点灯。家がもうすぐそこだし、下り坂だから何とかなるだろうと思って運転続けて家の前までたどり着いた。ボンネット開けてみてみたらそこにあるはずのベルトがなかった。奥のほうに落ちてた感じ。オルタネーターについてるベルトの車輪がガタガタしてて、それでベルトが外れたらしい。
その状態を写真に収めてその夜にトヨタで受付してた人にメールでどうしたらいいか問い合わせ。
翌日12月1日になぜか別の人から返事が来てオーバーヒートのリスクを避けるためにサルベージ(salvage)したほうがいいという。トヨタで頼むと100ドル前後という話。できればその出費は避けたいから、AAのホームページを見てみるとロードサービスで修理できない場合は近所の修理工場への10kmまでの牽引なら無料とか書いてる。とりあえずWebフォームから今の状況を説明して牽引してくれるかどうか問い合わせ。
返事がずっと来なかったが12月5日の朝にロードサービスに電話してくれれば救援してくれるはずと返事が来る。
12月6日の早朝にAAに電話して、オルタネーターが壊れてベルトが取れて運転できないからトヨタまで牽引していってくれないかと頼んだらOKという返事。本人確認やら住所、持って行き先の情報、持っていく時に修理先まで一緒に行くか等々聞かれて電話終了。そのうちテキストと電話で連絡が行くよと言われる。ほどなくしてテキストで1時間以内にサルベージしに行きます、費用は無料という旨のメッセージを受け取る。1時間どころか20分ほどで電話がかかってきて今家の前についたと業者から連絡。牽引車思いきや大きなトラック。そのトラックに車を乗せてもらって助手席に乗せてもらってトヨタへGo。

日本で買って輸出して早3年。初めてのメカニカルトラブル。製造から10年もすれば色々と出てくるか。
_20161210_105902

↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

AAのロードサービス初体験

日常生活
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント