老後の住居:ニュージーランド

6年前にハミルトンに引っ越してきた時に最初に住んだところは何と表現したらいいのかよく分からないけど簡単に言えば寮みたいなところだった。個室で週120ドルでシャワー、トイレ、キッチンが共同。インターネット料金は別だった。近くに大学があったのでそこの大学生と、俺のようなポリテクの学生、あとは失業者、他には年金生活者も沢山いた。シャワーもトイレもきれいとは言い難かったし、キッチンも離れにあったので面倒で環境的にはそんなにいいところではなかったものの値段を考えれば妥当。ハミルトンに来る前に予め住居を確保しておかなければいけなかったので他に選択肢もなくてそこにしたのだが。老人のうちの一人が日本語堪能で色々と話したけどその人は安いからという理由でそこに住んでいた。

元々そこは仮住まいの予定で、あとはフラットシェアをするつもりだった。ただフラットシェアでは同居人に色々と問題があるケースが多くて、あちこちを転々としながら一人暮らしできる部屋を探していた。それでわかったけど、ハミルトンには日本のアパートような物件がほとんどなくて、1人暮らし向けだと個室でキッチンだけ共同という物件がほとんどだった。それでいて家賃は週250~300ドル。働きながらでもかなり高いなと思う家賃だったし、年金は週400ドル前後なので年金生活者が一人で暮らせる物件ではないので最初に住んだところで話した老人があの場所に住んでいた理由がわかった。あとTrade meでフラットを探していると隠居人お断りというのはよく見かけたので年金生活者ではフラットシェアまず無理だろう。まあ年金生活者でなくても俺のような40前後のおっさんではフラットシェアで選ばれることも稀だった。4、5年前は買い手市場でそのフラットに住みたいと決めても元々の住人に選ばれなければ住むことはできなかった。

ニュージーランドでの一部の老人の生活を垣間見たし、部屋探しの苦労もしたし、快適に暮らしたいというのもあってニュージーランドに家を買うというところに行きついた。ただ、家を買ってみると税金も色々とかかるし、家の修繕費もそれなりにかかるので、年金をもらえる頃に返済が終わっていたとしても余裕のある生活はできなさそうな気がする。

日常生活
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント