納得いかない配達

日本の郵便、宅配便システムは非常に便利なのでニュージーランド式に慣れるまでには時間がかかった。日本のように細かい日時指定の配達はないし、家の敷地内に放置されていったり、サインが必要でも配達員が自分でサインして置いていったり、紛失されたりと日本では経験がないことが多かった。そんな配達システムでも慣れてきてうまくやりくりしていたのだが先週の動きには納得できなかった。

海外通販で注文したものが6月4日火曜日にニュージーランドに到着してそのまま通関されてハミルトンに転送。この時点で俺は家の近所のNZ Postの支店での受け取りに変更して6月5日には受け取るつもりだった。ところが6月5日には動きが無くて6月6日に配達に出たと追跡情報で出てきた。ところがその日は支店には配達されなかった。6月7日金曜には受け取りできるだろうと思ったら金曜の朝に支店に配達できなかったという結果が出ていた。朝6時42分に支店が開いてないことくらい配達員が知っていると思うのだが。これは理解しがたい行動だった。

金曜日の会社帰りに支店に寄って話を聞いたらなぜそんな時間に配達しようとしたのかわからないといっていた。次の配達は早くても6月10日月曜日の午後だろうということだった。俺としては早く受け取りたかったので集配所に物が戻ってるのか聞いたら配達できなかったものは必ず戻るし、身分証があれば受け取りはできるはずと言われた。その時点で17時10分で集配所の営業時間が17時半まで。集配所まで10kmなので何とか間に合うかなと思って車を走らせていって17時25分に到着して受付へ。担当者が荷物を探しにいって15分以上待ってやっと荷物を受け取り。その間にも何人も受け取りに来ている人がいたので17時半で営業終了ではなさそう。

受け取って帰るころには外は既にかなり暗くなっていた。

安全確実に受け取るつもりで支店に転送する選択したのだが、イライラして、郊外まで車を走らせてガソリン代を使ったりと割に合わない結果になってしまった。玄関前放置の選択のほうがよかったのだろうか?うちの玄関は道路からは全く見えないから少しは安全なのだが。

日常生活
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント