短期で体重が増減する理由

昨日の寝起き体重は60.4kgだったが今朝は61.4kg。

当然のことながら脂肪が1kg増えたわけではない。増減の原因は水分。

体内に蓄えられている糖には3~4倍の水がくっついていると言われている。体内のグリコーゲン貯蔵量は400~500gなのでその水分は1~2kgくらいにはなる。空腹で走って筋グリコーゲンを消費すれば、それにくっついていた水分も出て行くので体重は大幅に減ってグリコーゲン貯蔵量が回復するまでは体重が減っているように見える。糖質制限ダイエットの初期に体重が一気に減って効果を感じる人も多いと思うけど、多くはこの現象だろう。もし運動していつもより疲労感をかなり感じるようならグリコーゲンの減少を疑ったほうがいいと思う。俺も昔気付くまで時間がかかった。やり方を間違ってないか見直したほうがいい。あとカーボローディングをしたらグリコーゲン貯蔵量とともに水分量も増えて体重が一気に増えるのでレース直前に無理にやらないほうがいいとは思う。1kg増えただけで走りは変わるし。

他に体重増減の原因の一つとして塩分による体内浸透圧変化に伴う水分量変化もある。塩分を摂りすぎると浮腫みがでてくるのはこれが原因。塩分をとると水分が増えるので体重も増える。逆に塩を抜けば体重は減ってくる。

塩抜きダイエット
ニュージーランドに戻ってきて5日で体重が3kg落ちた。 脂肪に換算すると21000kcal~27000kcalなので5日でこんなにカロリーを消費できるわけ...

日本人は塩分摂りすぎな傾向なので塩分控えめにするだけで体重は減ると思う。運動に塩分は欠かせないかもしれないけど普段過剰摂取してると塩分排出能力も上がって必要以上に塩分が出て行ってしまうことがあってナトリウム不足でで脚を攣ったりする。ボディビルダーでコンテスト前の一定期間に塩分を多めに摂って排出能力高めておいて直前に量を減らして浮腫みをとるといったことをする人もいるようだ。

俺は醤油の使用量減らしたら脚はつらなくなった。レース中は塩分摂取を目的としたサプリは摂ってなくてスポーツ飲料や食べ物に入ってる量だけで十分になったし。この辺は人それぞれ違うだろうから色々調べて試行錯誤した方がいいと思う。ただ塩抜き過ぎて体がおかしくなるのは避けたい。

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

トレーニング
スポンサーリンク
シェアする
tknztrailrunをフォローする
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント