日本と全く違う鍼灸資格

昨日マッサージを受けに行って終わる頃に次回から鍼治療を受けたいか?と聞かれた。その方はマッサージセラピストで鍼灸師ではないので何で鍼治療ができるのか疑問で、話を聞いてみたらウェリントンで4日間の基礎講習を受けてきたから部位限定で鍼治療ができると言っていた。脚と腕の筋肉の一部のトリガーポイントだけらしい。完全に言っていたことを理解できてはいないが、部位限定できるというのは確か。今後上級コースを受けることで適用範囲を広げられるとも言っていた。日本だと確か3年くらい学校に通って国家試験に合格して鍼灸資格を得られるのだが、4日の講習で限定ながらも鍼治療ができるというのには驚いた。ただこの話を聞いてフィジオセラピストやオステオパスで鍼治療を併用している人がいることも理解できた。フィジオと鍼灸の二つのコースを別々に通ってたとは考えにくかったし。

調べた限りでは鍼灸師という資格をニュージーランドでとるには4年のコースに通う必要があるようだが、ベースになる資格を持っていて補助的な治療をするレベルなら短期間の講習でいいのかもしれない。調べて見たけど短期間講習の詳細は見つけられなかった。

Acupuncturist - How to enter the job
Find our about acupuncturist pay, training requirements and job opportunities in...

たった4日の講習という不安はあるものの、俺いつも頼んでいるマッサージセラピストはトリガーポイントを狙い撃ちする技術はピカイチなので期待もある。安全にやってくれれば問題ない。

コメント