一時帰国への障害

ニュージーランドの国境開放が決まって2月13日以降は管理隔離無しで高額な費用はかからなそうだ。オークランド領事館からのメールによると管理隔離無しの条件は以下。

MIQを実施しない場合の条件
●出発前の検査が陰性であること
●2回のワクチン接種が完了していることの証明
●渡航歴に関する自己申告
●到着日又は翌日の検査
●7日間の自己隔離
●隔離終了時(市中に出る前)の最終検査が陰性であること

この中の出発前検査で数万円が追加コストになる。7日間の自己隔離は家に居ればいいし、在宅勤務で対応すればいいので余計な休みを取る必要はないだろう。

一番の問題は日本に行く場合だろう。出国前検査と2週間の自宅等待機、公共交通機関利用不可が大きな障害になってくる。今のところニュージーランドのワクチン接種証明は日本では有効ではないので待期期間は14日。

コロナウイルス関連情報

出国前検査では290ドル必要だし、公共交通機関が利用不可だと実家までのレンタカー代が必要になって6万円ほどかかる。

出国前検査のコスト
日本とニュージーランドを出入国する際に必要な手続きが変更になるとオークランド領事館からその情報がメールで配信されてくる。実際に必要なことは自分で手配しなければな...

あとはここ数日で出てきたオミクロン株。イスラエルは観光客受け入れを再開したばかりだけど外国人の入国を禁止した。ニュージーランドでも同様のことが起きて国境開放への影響があるかもしれない。日本往復の航空券を買おうと思ってたけどこの影響を見極めるためにしばらく様子見だな。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

一時帰国
スポンサーリンク
シェアする
tknztrailrunをフォローする
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント