ジェルの種類と必要数

先週土曜日のTarawera Ultramarathon 102kmでは去年Wiggleのブラックフライデーセールで買ったジェルをメインに使った。

ブラックフライデーセールの成果:大量のジェル
この前Wiggleのブラックフライデーセールでジェルが安かったので大量購入。ジェル69個とドリンクパウダー24袋。これで7000円相当。かなり安い。 俺は...

使ったのは4種類。左のPIT INは日本で買ったもの。あとはWiggleブランドのジェルとHigh5の通常のジェルとカフェイン入りのアクアという水分多めのもの。

この3つは1個あたりカロリーが90~100kcalだがアクアだけ水分多めで重量1.5倍。それに伴って体積も1.5倍くらい。

自分の感想としてはWiggleのジェルは開封して摂取するまでがHigh5に比べて簡単なのだが後味がよくなくて舌にしばらく甘ったるい感じが残る。あれでは長丁場のレースでは何度もとる気が起こらない。High5は汗で手が濡れていたり、冷えて手がかじかんでたりすると開けづらく感じた。アクアは液体なので簡単に摂取できて絞り出す必要もなく楽。ただ体積が大きいので長時間のレースで大量に持つとなると嵩張るかもしれない。価格的にはどれも1個100円くらいなのでコスパとしてはいいと思う。あと、High5のはマルトデキストリンと果糖の配合が2対1と吸収効率がいいと言われているものだし、後味を考えたら今後はHigh5をメインにしていくのかなと思う。コスパとしてはザバスのPIT INも悪くない。1個当たり200円弱だけど170kcalなのでカロリー当たりの値段はほぼ一緒。

ジェルの必要数についてだが、今までは1時間か8kmあたり200kcalという計算をしていた。ただいつも大量に余っていたし、エイドで少し補給することを考えれば減らしたほうがいいなと思っていた。それで今回のTarawera Ultramarathonでは予想完走時間13.5時間、40分当たり100kcalでジェルが20個必要という見積もりに。実際は2個余ってちょうどいい結果となった。UTMF前に2レース残っているのでこの見積もりを継続してみてどうなるかみてみたいと思う。

ちなみにHigh5のジェルは20分に1度の摂取が推奨。筋グリコーゲンの減少と胃腸の不調を抑えるバランスのいいマルトデキストリンの量が1時間あたり60gという研究結果がある。それがマルトデキストリンと果糖の割合が2対1のものなら90gまで上げられるという結果に基づいた計算で20分あたり1個なのだろうけど、体重考えたら日本人は少なくてもいいんじゃないかな?

 

コメント