Native English speakerがIELTSを受けたら

会社の南アフリカ出身のおじさんがついにResident Visaを取得した。
3年前にWork Visaでニュージーランドにやってきて、即SMCで永住権を申請したけど却下。その後SMCで申請できる年齢を過ぎてしまったので、奥さんを主たる申請者として準備していたら、去年のポリシー改正でIELTSのスコアが必要となってしまった。新しいポリシーでは南アフリカは英語圏とされてないらしい。

今年初めに、オークランドまで行ってIELTSを受けてきたようだが、会社のおじさんは一回目で9を取ってパス。Speakingが9で他は8.5とかだったらしい。ところが同じく南アフリカ出身の奥さんは6.5をとれずに再試験。しかし試験会場の空きがなかったようで、オーストラリアのブリスベンまで受けにいったとか。8月末からの年収制限導入もあって、どうしても急いで受験しなければならなかったようだ。それでスコアは6.5でギリギリだったらしい。しかも平均では6.5に満たずに繰り上げで6.5。Speakingでは9を取っていたらしいし、Listeningとて悪くないだろう。ということはWriting、Readingが極端に悪かったということになる。

よくニュージーランド人すらIELTSで6.5は無理みたいな話を聞くけど、ポリテクで会った一部の学生とかはそんな感じだった。メールやレポートで書いていることがさっぱり理解できなかったし。会話はできるのに書けないというのは不思議な感じがするのだが、日本人でも日本語の読解力がなかったり作文ができない人がいるのと同様なのだろう。

南アフリカ出身で生まれたときから英語に接していながらIELTSで6.5を取るのが難しいとなると日本人ではさらに難しいとも言えるけど、所詮テストであって、ある程度テクニックを身につければ実際の英語力以上のスコアをとることは可能だと思う。4年以上もニュージーランドに住んでいて大して英語も話せない俺が5年前にIELTSで6取ってるくらいだし。

↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

ビザ英語
スポンサーリンク
ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ブログランキング参加中
↓この小ネタが役にたったと思う人はポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

シェアする
tknztrailrunをフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド x ランニングライフ

コメント